保育士としてやりがいを感じることは、子どもたちの笑顔を見られた時です。子どもは素直で楽しいことは「楽しい」と思い切り笑ってくれます。いつも帰りの会後に子どもたちをギューと抱きしめるのですが、その瞬間、大変だけどこの仕事を選んでよかったと心から嬉しく思います。

子どもに怪我があった時、保護者からの信頼がなくなってしまうのではないかと思いましたが、担任だけでなく、園長や主任に話をしっかりとして、協力を頂くことで保護者との信頼を取り戻すことができました。 何度も話し合いをして常に向上心を持つことが大切だと感じました。

和気あいあいとしていて笑顔が絶えない職場です。 でも仲良しなだけではなく、やる時はやる仲間なので、行事等は全力でできます。かっこいい先生達ばかりです。

月一回の定例研究会への参加と初任保育士研修、3歳未満保育士研修等いろいろ受けました。

子どもたちと一緒に四季を通じていろいろな行事を楽しめます。 手作りの美味しい給食が食べられます。

第一は子どもが好きな人です。保育士になりたいと思う人は、子どもが好きな人ばかりだと思いますが、子ども中心の職なので、子ども好きな人が良いです。 また、明るくて素直な人が良いです。仕事で失敗してしまい、先輩からのアドバイスをもらって「はい」と素直に受け入れられると保育士としてできることが増えると思います。 一緒に楽しく働けることを心待ちにしています。

先輩の声

さくら福祉会の保育園で働いている先輩たちから、皆さんへのメッセージをお届けします。

充実していること、楽しい事

不安に思うこと、解消法

職場のアピール

勤続10年以上の先生たちより

リクルートお問い合わせ
募集